美容に期待できるレシピ
*
ホーム > ショッピング > インターバンク

インターバンク

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利ざやを生み出す商品です。

 

取引の価格はいつも上下しています。

 

これが為替市場です。

 

インターネットを見ていると、ドルやユーロの為替のニュースが流れる時があります。

 

よく見るのが「ドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表しています。

 

つまり、FXには買いと売りの両方の価格が存在します。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表しているFX取引会社もあります。

 

いつもは売値の方が小さく決められています。

 

自分が買値は高く、売値は低くなっています。

 

この差額をスプレッドといい、FX取引会社の儲けといわれています。

 

スプレッドの幅は会社によって変化します。

 

スプレッドは投資家にとって費用になるので低い取引会社をピックアップしたほうが有利です。

 

ただし、同じFX会社でも場合によってスプレッドは大きくなったり小さくなったりします。

 

通常はドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの差とは言っても、為替相場の上げ下げが激しい場合には広くなったりする場合があります。

 

そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同時に安定している事が肝心です。

 

今では変化しないスプレッドの狭さを見せる取引業者もいろいろあります。

 

現実に取引会社の売買画面上でリアルなレートをチェックしなければ見分けられないので面倒くさいですが、必要な事です。

 

多くのお金を使ってトレードをするわけですから、現実の取引の前に気になるFX業者の新規取引口座開設を遠慮せずにして、示されているスプレッドの差を確認しましょう。

 

同じ通貨のペアでもそのタイミングのマーケットの変動率によって、通貨のスプレッドの狭さは変わることがあります。

 

おおむね、インターバンクで取引量の多くて、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッド幅が小さくその他のペアではスプレッドが拡大するのが普通です。

 


関連記事

インターバンク
「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって利ざ...
テスト
テスト記事です。...